こんな遊び方もできます。。。

1)読み手が空札(取り札にない詩)をいくつか含めてお手つきをしやすくする。

2)ゲームを始める前に両方の対戦者が25札づつ自陣に3列づつ並べた後、一枚だけ取り除きたい札を取り除き、お互いに空札をつくる。両対戦者とも24札を持ち札としてスタート。

3)約半分の取り札(24枚または26枚)を横におき、半分の取り札で遊ぶ。読み札は全て詠むので空札を大幅に増やし、正しい札をとるのが難しくなる。

4)お手つきを3回したら負けにする。

日本のかるたで行う「競技かるた」について

友人どうしや家族で遊ぶ場合はこのホームページに書いてあるルールで充分楽しく遊べますが、本格的な「競技かるた」で対戦する場合は更に難しく詳しいルールが当てはまります。

例えば「お手つきの決まり」が違ってきます。

競技かるたでいう「お手つき」の意味。

1.ゲーム中、同じ手を常に使用することが決まりとなっていますので、間違った手を使った場合はお手つきとなる。ゲームを始める前にどの手を使うか決めておく。

2.詠まれた句が間違った札であっても、正しい札がある陣にあった札ならお手つきにならない。(陣が正しければお手つきにならない)

おてつきをした場合は相手側から一札もらわなければならない。